直腸がんの背景を学ぶ|直腸がんについてもっと理解を増やしていこう

健康に興味をもとう

普段の日常生活の質こそが健康に関わる問題につながるといえます。そのことから言えるのは、普段の生活の改善が病気の予防を行えるのです。

がんの予防で行っていること

no.1

禁煙をする

1位に選ばれたのは禁煙でした。やはり喫煙が及ぼすがん発症の影響は大きいものだと言えるでしょう。だからこそ、最初からタバコを吸わないことが健康にもつながると支持を集めました。

no.2

アルコールの加減

飲酒は適度な量であれば問題はありませんが、過剰なアルコール摂取は健康に害を及ぼします。そのことから、飲酒を控えたりなど努力をする方が多いようです。

no.3

バランスのとれた食事

がんの予防だけではなくバランスの良い食事を心がけることは健康に欠かせないポイントですよね。だからこそ、普段の食事から気をつけているといった意見が多かったです。

no.4

運動を心がける

体を毎日動かすことで、健康面につながります。がん予防にもそれは同じ考えだとされていることから、運動を意識的に取り入れているようです。特別な運動でなくても、軽いウォーキングなどをしている方が多いようです。

no.5

適正体重を心がける

肥満はさまざまな病気を発症するリスクがあることが考えられるため、体型維持を行う方は多いようです。美容面だけでなく健康面にも影響するからこそ、体重は常に気をつけておきたいものです。

直腸がんの背景を学ぶ

病院

タンパク質の過剰摂取

直腸がんの原因として考えられるのは食生活です。お肉などのタンパク質や脂肪分の高いものが原因としてあてはまります。なぜそれらが原因になるかというと、タンパク質の高いものほど便が大腸に残る時間が長くなってしまうためです。残る時間が長くなることで発がん性を高めてしまう可能性があるのです。

遺伝の可能性

直腸がんは遺伝により、がんを発症させる場合があります。直腸がんは大腸の中でポリープが出来ることによってがんを発症させるリスクにつながります。しかし、遺伝による直腸がんは約10%以下だとされているので、遺伝の可能性はそれだけ少ないと言えるでしょう。

高齢化社会

直腸がんの患者数は約50歳以上の方が多いとされています。そのことから、直腸がんは中年や高齢の方に多いことがわかります。そして日本は高齢化社会と言われているので、これから直腸がんの患者数が多くなると予想されています。

性別によって変わる割合

直腸がんや大腸がんなどは男女によって発症する割合が変わります。男性の直腸がんなどの発症率は女性に比べて多い傾向があります。そのため、食生活が乱れている男性は再度見直す必要があると言えるでしょう。

もっと知ろう

看護師

症状を知る

直腸がんの症状は、他の病気と似た要素があるため気づきにくいです。だからこそ、症状の理解を深めることが大切です。知ることにより早期発見につながるでしょう。

READ MORE
病室

入院手続きで必要なもの

病気をした際には、入院手続きを行わないといけなくなります。初めての入院や、一人で入院手続きを行わなければならない時に知っておくとタメになる情報が載っています。

READ MORE
女の人

直腸がんについて

こちらでは直腸がんの特徴や傾向について学ぶことが出来ます。直腸がんは、日本でどのくらい患者のいる病気なのかも説明しているので、病気予防のために見ていきましょう。

READ MORE
病院

直腸がんの背景を学ぶ

直腸がんになってしまう要因や背景などを理解することが出来る内容を説明しています。そのため、原因や遺伝の可能性について学ぶことが可能となります。

READ MORE
広告募集中